朝日中央グループ

実務不動産税法 譲渡編 全10巻
不動産に関する税法は今日、もっとも複雑で難解な法分野のひとつを形成しており、税に携わる専門家にとってさえ正しい理解が著しく困難となっています。この複雑、難解な不動産税法の全体を正しく理解するためには、不動産税法に関する法令、通達のみならず判例、裁決例、取扱例のすべてを体系的に知ることが必要です。ところが、今日までこれらすべてを体系的にとりあげた不動産税法に関する実務書は皆無であり、そのような著作が待ち望まれていたといえます。 本書は、このような現状を踏まえ、朝日中央グループの弁護士、公認会計士、税理士の共同研究によって、個人の不動産譲渡に関する税法を法令、通達、判例、裁決例、取扱例のすべてにわたりとりあげて体系的に解説した全10巻、9,000頁に及ぶ画期的著作です。